個人の見解です。

この世界の片隅にいるオタクのブログ(/・ω・)/

推しが武道館いってくれたら死ぬ①

私が今一番好きな漫画、推し武道のレビュー書きます!

 

推し武道は、「このマンガがすごい!2017」にランクインしていて、私は「このマンガ~」の冊子を読んで、「これ面白そう!!絵も可愛くてすごく好み!!」と思って買いました。

「このマンガ~」のランキング作ってる方、選んでくれてありがとう。。

この作品、本当に知れて良かったです。

 

★あらすじ

「ChamJam」という岡山の地下アイドルの人気最下位メンバー、舞菜に人生をささげる熱狂的ファンのえりぴよさんのドルオタ活動を描いた作品。

 

アイドル漫画って結構あると思うのですが、オタが主人公というのはなかなかないと思います!アイドルオタクってあまり良いイメージ無いと思うのですが、えりぴよさん含め、作中に出てくるオタクはみんな理想的なオタクです。とにかく「推し」を愛していて、まっすぐに応援しているのです。

 

★とにかく面白い!!

主人公、えりぴよさんの、愛が重すぎるが故の奇行・言動で笑いますwww

あと、作者さんのギャグセンスがすごく私のツボでした。

暑い中物販列並んでる時の「アイス考えた人にお中元贈ろう」ってセリフとか、舞菜のメンカラーがサーモンピンクなことに文句言うところですごい笑っちゃいますw

それと、えりぴよさんと舞菜ちゃんのすれ違いも面白いんですよね。お互い考えていることが伝わってなくて、「コントかよ!!」ってくらいすれ違う。手紙が欲しかったはずなのに、なぜ短冊になるんだ・・・(笑)

 

★アイドルが可愛い!

ChamJam、めっちゃくちゃ可愛いです。全員可愛い。なんで現実にいないんだろうってなります。ChamJamみたいなアイドルがいたら即ファンになります。

 

私がアイドルに求める条件全てそろってます。

・可愛い ・メンバーの個性が立ってる ・仲がいい ・プロ意識がある

 

リアルアイドルなら、この他に「曲が好み」とかも入ってきますが。

 

二次元アイドルなんだから理想的なのは当然だろ!って思うかもしれませんが。。

アイドル漫画のアイドルと違うのは、Chamjamはちょっとリアル感あるんですよね。

アイドル作品のアイドルって、実際にはいなさそうなキャラの子が多いと思うのです。そこが良いんですけどね。

 

でも、Chamjamはリアルアイドルにいそうなキャラ付け。だけど、3次元のアイドルと違うのは舞台裏が見れること。

オタクが見ることのできない「舞台裏」では、「舞台裏での理想のアイドルの姿」が描かれています。メンバー同士、仲いいといいなとか、舞台裏でもファンの事大切に思ってくれてるといいなとか。そういう理想が詰まっているのです。

 

だから、舞台裏も見れちゃう立場の読者は、必ずChamjamを好きになります!(ちなみに、私の推しはれおちゃんです。めちゃくちゃかわいいし、神対応だし、プロ意識が高くて完璧なアイドル!あと、3話のファッションショーでアイドル衣装じゃないお洋服着てた時も可愛かった…(●´ω`●))

舞菜ちゃんも好きだけど、舞台裏知らなかったら「塩対応だな~」って思っちゃうと思うなあ。舞菜ちゃんの良さをちゃんと分かってるの、作中でえりぴよさんと玲奈ちゃんだけだもんな~。

 

★百合

百合要素があります。百合好きな人はニヤニヤしちゃうし、百合苦手な人も「仲いいんだなあ」と受け流せる程度の百合。この塩梅が最高です。

 

一番百合度強いペアは眞紀とゆめり。次点でれおと空音。

でも、一番百合っ気あるのは舞菜ちゃん。態度にはなかなか出せないけど、えりぴよさんのことめちゃくちゃ好きだし、「毎日かわいい女の子に囲まれて笑って過ごせるアイドルという状況ははっきり言って天国…」って言ってますしねw

 

こういう、綺麗でプラトニックな百合は凄く好きです。

えりぴよさんと舞菜ちゃんは、オタとアイドルという関係なのにお互いのこと大好きで、でもえりぴよさんは立場を弁えてるから、電車で偶然会っても過度に接触しようとしない・・・というところが、切ないけど素敵な関係だな~って思います。

 

 というわけで、「推し武道」おすすめです(*^-^*)

あと、youtubeに宣伝CMが載ってるのですが、えりぴよさんのCVが早見沙織さんで、イメージぴったりだし超はっちゃけてるしで、すごいのですよ!(笑)

もしアニメ化したらそのままえりぴよさん早見さんでやってほしい。。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

 

 

 

 

 

ヒメゴトという漫画を読んだ話

レビューは、また後日一巻ずつ丁寧に書く予定です。

今回はレビューじゃなくて、「ヒメゴト~19歳の制服~」という漫画を「私が読んだ話」です。あんまりネタバレないお話です。

この漫画、少し前に試し読み(現在まるまる三巻分無料です。)してみてハマって全巻買いそろえて全話読んだ結果、すごく好きな漫画になったのです。

えっちな漫画が苦手な人もこれは読んでみた方が良いぞ!!!と思ったので、私が読むに至った経緯と何でそんな人でも読めるのか、ということを語ります。

 

★ヒメゴト~19歳の制服~とは

アプリでよく見る広告のやつです。

 これ↓

f:id:hanatatan12:20170411155620p:plain

こういう広告、嫌いだったんですよ。そもそもえっちな漫画自体好きではなくて、気持ち悪いなあって思ってました。そういうシーンがある漫画は、家の本棚に置きたくもなかったです。

 

★隙あらば自分語り

・・・になっちゃいますけど、私は、エロへの拒否反応が人一倍強い方です。

ネットで下ネタと思しき単語を見ても、意地でも検索して意味を調べることはしなかったです。意味を知ったら汚れてしまう気がしたのです。いい年して、カマトトぶってます。

えっちな漫画、テレビでの下ネタ、えっちな歌詞の歌、えっちな二次創作…が本当に苦手で、今も、過激すぎるやつとかはだめです。

 

そういうものに慣れてきたのはつい一年くらい前からで、主にお笑い芸人さんのラジオを聴くようになってからです。

芸人さんのラジオって、パーソナリティーもリスナー(ハガキ職人さん)も下ネタ連発するんですよね。最初は凄く嫌だったのですが、「下ネタじゃない部分は面白いしな~」と聴き続けていた結果、ある日リスナーからの下ネタのメールで笑っていることに気が付きました。

「くだらなーーwww」とか、「こんなメール送ってくるとか、この人頭おかしいwww」みたいな感じで、ばかばかしくて笑っちゃったんです。

 

私の根底にあった「エロい事=悪、汚い」みたいな感覚が、それによって緩和されました。本能にあらがえない人間のばかばかしさってちょっと笑えるんだな~みたいなね。

 

そんなわけで今、エロ耐性一年生な私です。ラジオの内輪ノリの下ネタで笑って、テレビの大々的な下ネタには目を背ける、そんな一年生です。

だから、以前は絶対にタップすることのなかった「エロ漫画の広告」だって開いちゃいます。・・・だってちょっと気になるんだもん。

 

★読んでみて

そんなわけで、広告をタップして無料試し読みをしました。「うわあ~気持ち悪い~無理~」っていう、怖いもの見たさならぬ「キモいものみたさ」で見て、すぐブラウザバックしようと思ってました。

 

ですが、、、気づいたら、、、

無料試し読み3巻分まるまる読んじゃってました。びっくり。

それどころか、続きを読みたくて仕方ない自分がいました。

アマゾンで全巻ポチってました。

 

★「そういう」漫画が苦手でも読めます。

この漫画を読む以前、大好きなアニメのえっちな二次創作漫画を読んでみようと思ったことがあります。18禁じゃない二次創作は好きでよく読んでたので、その延長で。

その時は、駄目でした。女の子の胸がボールみたいにでかいのも、表情がいやらしいのも、女の子キャラの相手が作品と全く関係ない小汚いおじさんなのも嫌でした。

みんな可愛い女の子が小汚いおじさんに汚される話好きすぎじゃないですか…?綺麗なものが汚される=興奮、は分からなくないですけど、私は嫌悪感の方が勝ちます。

 

ところがどっこい、ヒメゴトはそういうのが嫌な人とか、性的なことに罪悪感のある人ほどハマっちゃうと思います。そういうシーンは沢山あるんだけどね。

ヒメゴトは、そういうシーンに未果子ちゃん(売春される側)のモノローグが書かれていて、気持ちが詳細に語られているんです。

よくあるえっちな漫画なら、性を搾取される側の女の子はすごく「かわいそう」に描かれると思うのですが、未果子ちゃんは自分で分かっててやっているし、おじさんをめちゃくちゃ見下してるのがモノローグでバンバン伝わってくるんですよねw

「搾取させてやってる」というスタンスだし、自分のためにやっているので、全然可哀想に見えない。「もうやめなよ…」とは思うけど(笑)

個人的に、そういうシーンで「かわいそう」に見えないのは大きいです。だって見てて辛いですから。女の子が性の道具になってる漫画は、胸糞が悪い。心が痛い。

 

 ★絵が素晴らしい

絵が綺麗なのもハマった要因です。綺麗だし、可愛いし、書き分けも上手い!!文句なしの絵です。

そして何より重要なのは、「女の子の胸がボール状じゃない!」これです。

スイカ並みにデカい「服着れないだろ!!」みたいな下品なやつ、よくあるけど何が良いんだろって思っちゃいます。私の脳はあれを人間だと判断しないです。

胸ボール問題は、「女性の描く男性キャラの顎、鋭利すぎ問題」に通ずるところがある気がする。。理想が過剰に肥大化しているというか。。

それは置いといて、この漫画は結構リアルな女の子の体形に近いと思います。作者女性なんじゃないかなあ。キャラが着てるお洋服もすごくセンスがいいし。

 

★ストーリーが深い!面白い!

トーリーがちゃんとしている!!これは最重要です。

ヒメゴト、最終巻読んで泣きました。泣けるんですよ、この漫画。

 

いわゆる性行為のシーンのためだけに描かれた漫画って気持ち悪いんだと思います。書く側も読む側も目的が一致してるからそれはそれで需要と供給が釣り合っているんですけどね。

でも、この漫画は性行為シーンがほぼ毎話あるくらい頻繁なのに、テーマがちゃんと別のところにあって、すべてがストーリーのために必要なシーンになってるんですよね。

 

性行為のための物語か、物語のための性行為か。大きな違いだと思います。

 

★テーマが深い

この漫画は考察できる漫画だと思っています。そのくらいテーマが深い。読み込める。

私が考えるこの漫画のテーマは「女として生きるということとは?」という感じかな?女の子らしくなりたいボーイッシュ女子・由樹、女装男子・佳人、いつまでも少女でいたい女の子・未果子。この3人の物語なんですけど、とにかく心情描写が素晴らしいのです。

 

女の子が女の子でいるのって、簡単じゃないんですよね…。

私も女の子らしい女子じゃないので、日々それは実感してます。

年とったら「女子会って言葉使うな!女の”子”って年齢じゃないだろ!」とか言われますしね。女に生れたからって、ずっと無条件で女の子ではいられないのです。

(私は女子会の「女子」は女子トイレの「女子」と同義だと思うので、そんな目くじら立てなくても…って思います。)

 

女性なら、この漫画に共感できる部分がかなりあるんじゃないかなって思います。私は、女の子らしい恰好がしたいけどできない由樹ちゃんの気持ちも、憧れの女の子の真似したい佳人くんの気持ちも、「少女」じゃなくなることを恐れる未果子ちゃんの気持ちも分かります。

もちろん、男性でも女性的な感覚を持っている方なら共感できるのではないでしょうか…!個人的には、未果子ちゃんみたいに若くて黒髪ロングで清純そうな子が好みの男性にも読んでみてほしいなあ。すごく考えさせられるよ・・・w

 

レポート並みの分量の文章で熱く語ってしまった(゜-゜)

まだ語り足りないので今度各巻レビュー書きます!

オススメです、とにかく。

 

 

 

CITY①

CITYの一巻が発売されたことに昨日気が付きました!出遅れた!なんという愚か者!!

 

というわけで、今日さっそく買ってきました(´▽`*)

 

「日常」のあらゐ先生の新作ということで、もともと期待値が高かったのですが、期待を超える面白さでした。

画力、シュールギャグのセンス、キャラクター、構成、どれをとっても素晴らしかったです(●´ω`●)日常も大好きだったけど、CITYも大好きな漫画になる予感!!

ということで、感想レビュー書いていきます~。

 

★一つの街の物語

まず、最初はよく分からなかったところが、読み進めると一つの街の出来事、ってことでちゃんと関連性があることに気付いたときの感動が凄いです。

それぞれの話でちょっとずつ繋がりがあるのって、何度も読み返したくなるんだよね。

漫画家の話、編集者の話、ラッキーアイテム・ミニスカートが繋がったのにはやられた(゜-゜)

ただ、一巻の時点で未だによく分かってないところもある。それは安達太良博士。何でカメラでずっと監視してるんだろう?もうすぐ発売の二巻で明らかになるのかな?

 

あと、ラストまさかの「長野原大介先生」!!日常と世界が繋がってるの分かったのが一番の感動・・・!!ちゃんみお~~~!!

 

★わこちゃん可愛い

何といってもやっぱりキャラクター!!日常に負けず劣らず魅力的です。私は泉わこちゃんが好きです。全然普通じゃないのに自分の事普通だと思ってる不思議ちゃんって良いよね・・・。何気に写真の投稿で大賞とってるとこも良いwww

あと、わこちゃんのエピソードのねりけしのとこで笑いましたw練り消し伸ばした時のボワボワのやつを潰す快感は私も分かるけど、それを漫画に描いちゃうあらゐ先生のセンスよ・・・www

 

★好きなエピソード

立涌くんの占いの話が一巻の中で一番好きです。父さんと妹で立涌くんいじりすぎでしょwwwなにこの家族wwww言いくるめられてミニスカ穿いちゃう立涌くんかわいい。ミニスカ似合ってるんですよね~。

父さんと妹がツボりながら「本格派!!!」とか言ってるのが私もツボですwww

コントみたいな話だな~って思います。最オブ高。

ああ~、でも、固焼きそばの話も面白かったなあ・・!スピード感がすごいわww

 

★ワードセンス

あらゐ先生のワードセンスやっぱすごいです。ちょっと古めかしい死語みたいな会話、たまらなく好きです。

「なんですかそのニタニタくくくは・・・」とか

「それこそ現ナマポンですよ」とか

「ホラ!上手でた!」とかね。

特ににーくらさんの言いまわしハマるなあ~~。効果音の独特さも面白い!

 

もうすぐ2巻発売ということで、楽しみです(*^-^*)

 

CITY(1) (モーニング KC)

CITY(1) (モーニング KC)

 

 

 

くまみこ⑧

漫画のレビューも書きます。

くまみこ8巻買いましたヾ(o´∀`o)ノ

今回すごいニヤニヤしちゃった・・・(笑)
東京から来た今井君にあたふたしてるまちちゃんが可愛い!!
そして今井君に嫉妬してるナツが可愛い!!

木から落ちて「えーー!?この人はあのときのーーー!?」とか少女マンガかよと・・・(笑)

8巻は全体的に少女漫画風というかラブコメ感強くて、個人的には凄い好きです。
今井君いいキャラしてんだよなあ。余裕ある優しい感じ、まさにイケメン。イナゴも食えるしね。

ざざ虫は、私よく分からないんだけど、絶対画像検索しちゃいけないことだけは分かる。

紋菓渡す前に今井君帰っちゃったとこは切なかったなあ。
ナツが「ぼくまちをとられるのがいやで~~~~」って大泣きしてるところはいいなあ。
ナツのそういうエゴイズムというか、過保護なとこをなんだか可愛いと思ってしまうんだよなあ。

でも、まちちゃんが顔真っ赤にしてパニックになってるの見るの好きだから、また今井君出てほしい(*´~`*)

今回の巻末は「癒しとエロスの巻末モフモフ劇場」じゃなかった・・・!!割と今回本編にエロスが多めだったからだろうか・・・(笑)
健全なもふもふもいいね。くまの腹毛はたしかにたまらんな。この巻末コーナー、めっちゃ「わかる・・・!!」ってとこピンポイントについてくるよなあ。

そんなわけで、くまみこ8巻レビュー、もとい感想でした
8巻面白かった。くまみこの、ギリギリを攻めてくるエロス要素が結構好きなんだよねえ。下品にならないエロスはなんかいいよね。味わい深いよね・・・。

よしお×まちとか今井君×まちとか、ナツ×まちとか、同人誌描けそうな雰囲気ありありだけど、本編では絶対に一線を越えない感じが良いんですよね。・・・私読み方変態だろうか・・・?

 

 

甘夏ゆずちゃんを語る

yuzupon

私が初めて本格的にハマった3次元アイドル、甘夏ゆずちゃんの話をしよう。

甘夏ゆずちゃん(以下ゆずポン)を好きになったのは、完全に一目惚れであった。
青春カラダダダッシュPVの三つ編みゆずポンとツインテゆずポンが可愛くて可愛くて。

そもそも顔が好みなんですよね。おめめがまん丸で、丸顔で、鼻筋通ってて。
お人形さんみたいだよね、天使だよね、ゆずポン( ^ω^ )

でも、ゆずポンにハマった理由はそれだけじゃなくって・・・

ゆずポンの好きなとこその1ヾ(・∀・)ノ
ゆずポンは何といっても、表情がいいんですよ!!カラダダダッシュPVでいうと、「へいジェントルメンわんもあせっ」のところ。
プリズム☆リズムだと「夢かいなー!」のところ。

ゆずポン、こういう顔文字→(≧∀≦)みたいな顔してるんですよね。

表情豊かで、全力で笑ってて、本気で楽しそうなところに惹かれたし、目が離せなくなったのです。
あと、変顔も上手いな~って思う。夏のOh!バイブスとか特に変顔沢山見れていいよね。

ゆずポンの好きなとこその2ヾ(o´∀`o)ノ
体形!!!小柄なのにスタイルすごく良くて、憧れます。。私は女の子の脚フェチなのだけど、ゆずポンの脚はすごくよい・・・!
ショーパン履いてる時の太ももが特にいいんだよねえ~~。バンもんはPVで足をピーンと伸ばす振付とか多いけど、そういうときもやっぱりゆずポンに目がいってしまう。

ゆずポンの好きなとこその3(=゚ω゚)ノ
元気キャラなところ!!

アイドルをなんで好きになるかっていう話でもあるんだけどね。ガチ恋の人とかは本当に好みの子だから好きになるんだろうし、DDで可愛ければ何でもいいって人もいるだろうし。ただ、私の場合は、アイドルに元気をもらいたいから応援するのです。

今、私就活生でして。毎日打ちのめされることが沢山あるのですよ。
そんなとき、一番疲れが取れるのが可愛い子を見ること!!
もう何も考えずに「あーーーかわいいーーー」って言ってたいんです( ノД`)

だからかな、無邪気で天真爛漫で元気な子に惹かれる。

疲れてる時に斜に構えたクールなアイドル見ててもあんまり癒されなくないですか…?

底なしに明るくて楽しそうな子を見たいじゃないですか!!ヽ(*>□<*)ノ

(そういえば、私はラブライブのμ’sでも、元気な黄色担当の星空凛ちゃんが一番好きでした(*´∀`人
μ’sにハマった時も調度受験生で疲れてた時だった・・・(笑))

そんなわけで、まさにゆずポンは私の理想の「元気をくれる」アイドルなんです。。
インタビューとか読んだり、twitterとか見てたりすると、ゆずポンも完全に根明な子ってわけでもなさそうだけどね。
実は落ち込みやすい子なのかな、とちょっと感じたり。
でも、ゆずポンが「アイドルとして明るいキャラでいよう!!」って頑張ってるのがもう尊いからね。
応援しますこれからも。がんばれゆずポン!!p(*^-^*)q

「完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を♡」レビュー

バンドじゃないもん!にハマったのは、アルバム発売一週間後くらいでした。
3次元アイドルにハマるの初めてだったもので、youtubeでPV見てハマったくらいでアルバム購入決めて後悔しないかな…
一過性のブームなんじゃないかなあ・・・と色々迷ったのですが、、

購入してよかった!!!

むしろ、迷わずさっさと購入して、プレミアムシークレットライブに応募すればよかった・・・と後悔しました。
私は北海道民なのですが、札幌もシークレットライブ開催地だったんですよね。
バンもんちゃん、また何かの機会で札幌来てくれーー(*´~`*)

それはさておき、バンもんメジャー1stアルバム「完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を♡」、めちゃくちゃいいアルバムなんですよ!!この、よくわからんブログに辿り着いてしまったごくごく少人数の人にそれを伝えたい。なので、レビュー書きます。

1.青春カラダダダッシュ!→これ、私がバンもんの曲の中で最初に知った曲です。とにかくアガる曲!Q-MHzさん天才。
「いっしょうけんめいやってやってら~」って歌詞すごく耳に残る。畑亜貴さん天才。歌詞カード見て初めてなんて言ってるか分かる感じは、アニソンっぽいなあ。


2.キメマスター!→2連続Q-MHzさん!!テンション上がりっぱなしですよ!!ヽ(´∀`)ノライブでオタが「チェスト―!」って叫んだりするのかな。楽しそうだなあ。この曲、それぞれの声の特徴がめちゃくちゃ活かされてるのがいいんだよね。みゆちぃの「キマっちゃったしね!」がたまらなく好き。ただ、この曲は聴くたびに「ラブライブっぽい!」と思うところは正直ある(笑)「前人未到の宇宙に全速の全力でGOだYEAH!」のところとか特に、畑亜貴節を感じる(笑)

3.しゅっとこどっこい→この曲は、MVで完成した感あるなあ。MV観た後、曲聴くと情景が浮かんで楽しい!!リラックス体操のとことかね。とにかく中毒性高い曲だなって思います!

4.夏のOh!バイブス→この曲大好き(っ*^ ∇^*c)ORANGE RANGEの曲ってちょっとパーティーピーポー向けな感じがするんだけど、バンもんが歌うと可愛さもあるからイケイケな感じとアイドルっぽさのミスマッチが中毒性になるというか・・!
アイドルの夏曲として珍しい方向性じゃないかなって思うんです。ゆずポンの「何が何でも」のハキハキした発音が好きです。。


5.君はヒーロー→この曲も楽しいなー!キャッチ―で、分かりやすい曲!「ヒーローみたいになりたいのー」ってフレーズは頭に残る。曲が後半になるにつれ盛り上がる感じが好きです!最近公開されたMVのアニメもアホっぽくて好き!

6.結構なお点前で→5曲連続テンション上がる曲だったところに、このちょっと和風な曲がきて落ち着くっていう。汐りんの歌い方がめちゃくちゃかわいい。途中で入る「結構なお点前で(低音ボイス)」がちゃんももの声だったとは…(笑)面白い曲だなあ。


7.YAKIMOCHI→バンもん屈指のオシャレソング。管楽器の音(トランペットかな?)がいいよね~。メンバーそれぞれの「きみは焦げちゃってかわいい」の言い方が違うのがたまらんのですよ。みんなかわいいなあ(*^_^*)ぐみちゃんの「もちもちぃ~!!!」は、可愛い声で頑張って叫んでる感あってかわいい。

8.ドリームタウン→この曲の作曲はアニソンをよく作曲されてる増田武史さんです。(ラブライブの「museumでどうしたい?」とか「秋のあなたの空遠く」とか・・!)アニソン好きとしてはそれだけで結構たまらんのです。みさこさんの歌詞もいいんだよね。「夢は叶うよファンファンファンタジー」のとこ、ちょっと泣きそうになる。メロディーも歌詞も綺麗な曲。

9.秘密結社、ふたり。→みさこさん作詞!アイドルの「ちょっと大人っぽい背伸びした曲」!!もうね、最高かよと・・・!!アルバム買うまでは結構明るくて元気な曲しか知らなかったから、バンもんの違った一面って感じできゅんきゅんきますね。うーん、いいなあ。

10.強気、MagicMoonNight→作曲の本田光史郎さんはラブライブでハテビとかキラセンを作曲されてる方(*^_^*)歌詞はロリっぽい女の子が背伸びしてる感じで可愛い・・!これ、MV作ってほしいなあ。衣装はベビードールっぽい感じで(´ω`人)

11.ロマンティック♥テレパシー→これは、バンもんが生み出してしまった神曲ですよ!!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+私、アルバムの中で一番好きです!!サビの可愛さと切なさの混ざりあった感じ最高すぎる~~~!!!「キラキラ光る星空へ叫ぶよ baby Iwant you」のフレーズきゅんきゅんする・・・!!「可愛い恋愛ソング」ともとれるし、「アイドルがファンに向けた歌」ともとれる歌詞が最高なんですよ・・・!作詞のぐみちゃんやるなあ。

12.すきっぱらだいす♡→こういう単純におバカな曲も好きだなあ。「とにかくチーズ とにかくチーズ チーズ チーズ とにかくチーズ」のテンポの良さハマるなあ(笑)こういう曲、絶対ライブで楽しいやつだよなー!って思いますp(*^-^*)q

13.ピンヒール→はあ~~~~最高~~~~・゚・(つД`)・゚・恋愛ソングとして完璧すぎるこの曲。。イントロからオーラあるんだよなあ。超超可愛いバンもんちゃんが恋愛に自身失くしてる曲歌うのがもうときめくじゃないですか。「こんな可愛い子が恋愛に悩んでいるなんて!!」って想像が掻き立てられて。この曲はちゃんももが歌い上げてるとこがめちゃくちゃ良い!女子なら絶対この曲好きになる。私もロマンティック♥テレパシーの次に好き(´∀`*)

14.YATTA!→ピンヒールとの落差wwwすごいポジティブソングだなあって思う!!ゆずポンの「おはよー!」が可愛い(*´v`)
「水飲んだらうめー!」からのセリフパートが結構好きですwあとみゆちぃの「っあーーーい!」っていう掛け声www

15.エンド・レス→ショコラ・ラブのアンサーソング・・・!アルバム買ったころはよく分かってなかったんですけど、ショコラ・ラブ聴きこんでからはめちゃくちゃ染みる曲になりました(´∀`*)「メガネ萌え」「白衣も萌え」「白い部屋」の意味が分かってから「なるほどそういうことか!」と。アルバムの締めくくりに相応しい良い曲だなあ~~~。

長くなりましたが、以上で私の褒めちぎりレビューを終わります!
バンもんアルバム本当にオススメです。

 

完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を 初回限定盤(Blu-ray Disc付)

完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を 初回限定盤(Blu-ray Disc付)

 

 

バンドじゃないもん!きっかけ編②

きっかけ編だけで結構長くなってしまった。

まず、ゆずポンにハマって、次にPVにハマったという話でした。

アイドルの顔や曲にハマった後、次に気になるのはやっぱり

アイドルの性格。

これが大事なんですよ。
私、今まで3次元のアイドルにがっつりハマったことってなかったんです。
アイカツラブライブ、デレマス・・・みたいな2次元アイドル大好き人間で。
μ’sはファイナルライブのLVも行きました。でも声優さんというよりは二次元μ’sのファンでした。。

2次元アイドルは性格も完璧にアイドルですからね。熱愛発覚したり、twitterの裏アカ流出して炎上したりしないし・・w

だから、これまで3次元アイドルにハマることはほとんどなかったのです。
顔が可愛いと思っても、ブログとかtwitterで「だよ」を「だょ」とか書いてたらそれだけでなんか推せないというオタク心ですよ。

で、バンもんメンバーのtwitterやブログを見てみると、、

ゆずポン→イメージそのままの文章だ!!顔文字(⊛╹〰╹⊛)かわいい!
汐りん→不思議ちゃん度高いけど、アイドルって感じで可愛い!
みゆちぃ→すごい家庭的!!素敵!!
みーちゃん→めっちゃグループのこと考えてる・・!
ぐみちゃん→ギャルっぽいと思ってたけど、意外とゆるくてかわいい文章書くんだ!
ももちゃん→考えてることにちゃんと芯がある・・!

という感じで、全員ちゃんとした文章を書く人だと分かって安心しました。
全員に共通するのが、本当にファン想いなんだな~ってことが伝わること。
そこに心を打たれました。バンもんみんな本当にいい子。

ブログだけじゃなくてね、過去のインタビューも遡って読んだりしたんですよ。
苦労してきたんだなあって。゚(゚´Д`゚)゚。
μ’s応援してた時も思ったけど、アイドルが売れるまでに積み重ねてた努力って尊いなって思うんです。
バンもんは、現在進行形で売れるためにすごく葛藤して努力してる感じがあって、「わしが応援して支えなくちゃ!!」というオタ心に完全に火をつけられちゃいました。

そんなわけで、すっかりバンもん!にハマった私でした。